メニューを閉じる

あんしん館

あんしん館

  • facebook
  • twitter

お急ぎの方へ

0120-655-446

0120-655-446

急なご依頼・相談無料・無料資料請求
大阪市規格葬儀取扱指定店
24時間365日対応

お急ぎの方へ0120-655-446急なご依頼・相談無料 24時間365日対応

大阪市企画葬取扱指定店

お葬式用語集 Fimeral term

葬儀用語を、五十音順にご案内しています。

あ行

後飾り(あとかざり)

葬儀が滞りなく終了し、ご遺族が火葬場からご自宅に戻り故人を供養する 四十九日法要が行われる忌明けまでの間、
ご遺骨を安置する祭壇のことを、 「後飾祭壇(あとかざりさいだん)」といいます。

この祭壇は四十九日の満中陰(まんちゅういん)まで飾る祭壇ということで「中陰壇(ちゅういんだん)」ともいわれています。

後飾りをする場所はご自宅に仏壇がある場合は、仏壇の前に仏壇が無い場合には、
部屋の北、もしくは西に置くのがしきたりとなっています。

祭壇は二段か三段の小さな机などに白い布をかけて祭壇を作り、
この出来上がった祭壇の上の段にご遺骨を安置し、遺影や位牌、香炉、
燭台(しょくだい)、線香、お供え物やお供えの花、おりんなどは下の段に置くようにします。

四十九日の忌明けまでの間、毎日ろうそくを灯し、線香を絶やすことなくたき、故人を供養します。

葬儀に出席することができなかった弔問客などもこの後飾りの祭壇にお参りすることになります。

四十九日の法要が終わるとこの後飾りの祭壇は必要なくなりますので、
不要になった祭壇はご遺族の手で処分していただいても問題ありません。

地域指定の分別ゴミとして処分されても問題はありませんが、
ゴミとして処分することにどうしても抵抗がある場合は、
仏壇専門店に依頼すれば適切に処理をしてくださいますが
有料になるということを覚えておきましょう。

また、四十九日まで供養してきた白位牌は、菩提寺に返し新たに漆塗りの位牌を準備し、
ご住職に「魂入れ」をしていただき、その後は仏壇に入れ、供養します。

一善めし(いちぜんめし)

故人が生前に使用していたお茶わんに、炊かれたごはんを山盛りにし、その中央に故人が使用していたお箸を立てます。とくに使用していたお箸がない場合には割り箸を立てます。一膳飯の他に、上新粉(じょうしんこ)で作った枕団子を六個お供えする地域もあります。

浄土真宗の場合は、おはしを立てませんので、お茶わんの前に置いてください。キリスト教、神式の場合には不要です。

一周忌(いっしゅうき)

一周忌(いっしゅうき)とは、故人が亡くなって一年目の命日を一周忌と呼びます。家族や親族、また、故人と縁のあった知人などを招いて法要を営みます。

法要は命日の当日に行うのが最も理想なのですが、実際には参列者の都合などから、土日や祭日に行われることが多いようです。ただし場合は、必ず命日より早めの日に行うのが習わしです。

位牌(いはい)

位牌(いはい)とは、故人を偲ぶための木製の札のことをいいます。 表に戒名、裏に俗名・年齢・没年月日などが書かれています。告別式が終了し、出棺のときに喪主が両手で持ち、葬儀の際には祭壇の中央に置きます。葬儀から四十九日忌法要までは、白木の位牌を使いますが、四十九日の忌明けとともに白木位牌はお寺に納め、漆塗りの本位牌を仏壇に祭ります。

宗派によっては、位牌をまつる場所、また位牌を用いない宗派もありますが、基本的にはご本尊より下段にまつります。もし、複数の本位牌を仏壇にまつられる場合は、向かって右側が上座となります。

忌払い(いみばらい)

始まりは、仏式による忌明けのための行事でしたが、現在は葬儀や法事の後にお世話になった方々へのおもてなしの気持ちが込められた儀式になってきました。精進落としの意味も含まれます。

引導(いんどう)

引導(いんどう)、葬儀の際、故人に対し導師が最後の宣告をし、現世への思いをさとし死者を仏道へと導く儀式のことを言います。

相手に対し決断をつけさせる場合によく「引導を渡す」という言葉が用いられますが、これからきているようです。

この引導は、宗派により、いろいろな形式がございますが、死者を弔う儀式の中で重要な意味を持っています。

エンバーミング

エンバーミングとは、日本語に訳すと「死体防腐処理、遺体衛生保全」に訳され、防腐・化粧・修復処置を行うことを言います。エンバーミングを行うと処置後10日間程度の腐敗・硬直などの遺体変化が生じないため、遺体を衛生的に保存することができます。日本ではまだ認知不足ですが、土葬が多い欧米では広く行われ、一般的には遺体からの感染症防止が目的ですが、日本では、故人との美しいお別れのために行われることが多いようです。また、長距離のご遺体の搬送にも使われ、外国に遺体を搬送する際は必ずエンバーミングを行うことが原則となっています。

ご遺体の体液と薬液WP交換する技術が行われるため、専門業者への依頼が必要となってきます。薬液には赤い色素が使われるので、エンバーミングを施したご遺体はまるで、眠っているかのような自然な肌色が再現されます。

お斎(おとき)

お斎(おとき)とは、葬儀や法要など仏事をつとめた後に、僧侶や参会者などお客様をもてなすための食事・会食の席のことを言います。お斎を行わない場合は、折り詰めにした料理をご用意しますが、地域によっては引き出物や、酒、菓子折りを一緒にお渡しする場合もございます。僧侶がお斎をご辞退されましたら、「御膳料」と表書きし、お渡しします。
遠方からの参会者も多く来る場合などは、地域性も十分考慮し、行うのが一番かと思います。

お布施(おふせ)

お布施(おふせ)とは、葬儀や法要の際にお寺(キリスト教の場合は教会、神式の場合は神社)へお支払いするお礼金のことを言います。お布施に含まれる内容として、戒名料(法名・法号)、読経料(2日間のお勤め)、お善料(お食事代)などが含まれ、その他にお車代で1万円程度お包みするのが一般的となっています。お布施は、地域や寺院または、宗派によって多少変わってきますので、お付き合いがある寺院などがある場合は、お付き合いの度合いにもよりますが、事前にいくらほどお包みすればよいか尋ねる場合もあります。

ご参考までに東京都、神奈川、埼玉で約64万円、千葉、茨城、群馬、栃木では約40万円が平均となっています。(財団法人 日本消費者協会調べ、第7回「葬儀についてのアンケート調査」平成15年9月より)

また、戒名のランクで金額が上がります。「院」や「居士」などの、大姉クラスともなると約80万~約150万円となります。

か行

会葬礼状(かいそうれいじょう)

会葬礼状(かいそうれいじょう)とは、葬儀・告別式に参列していただいた方に対してお渡しするお礼状のことをいいます。本来なら葬儀後に訪問しお礼をするか、郵送したりしていましたが、最近では印刷した物をお清めの塩やハンカチ等の会葬御礼品(かいそうれいひん)また「粗供養」とも言われ、会葬礼状と一緒に手渡しするのが一般的となってきています。

会葬礼状は参列する予定の人数より多めに手配し、宛名は書かずに故人との続柄は喪主からの視点で作成します。枚数は故人の遺族と交際範囲によりますが、年賀状などを目安に考えるのも一つの方法です。

葬儀に参列しない方で、香典、弔電、供物などをいただいた場合は、会葬礼状とは別にした文面の手紙を送りますが、印刷ではなくなるべく手書きの物にし、早いうちにお礼の手紙を送りましょう。

形見分け(かたみわけ)

形見分け(かたみわけ)とは、故人が生前に使っていた愛用品を親族または、親しい友人などに分けて贈ることです。故人の思い出の品を生きている人に受け継いでもらい、故人を偲びながら使い続けるいわば供養の一つとして考えられています。形見分けの時期はとくに決まりがなく、一般的には忌明けに行なう場合が多いようです。

形見分けで注意してほしいのが、形見の品は包装しないで品物のまま贈ることと、目上の方には相手の希望がない限り形見分けはしないことになっています。事前に確認しておくことが良いでしょう。また、宝飾品などの高価な物は、贈与税の対象となる場合もあるので、注意しておくことが必要です。

家族葬(かぞくそう)

“基本的には近親者のみで行う葬儀ですので、密葬と似ていますが、最も違うところは、通夜、告別式などの形を、たとえ少人数でもとりおこなう点です。密葬の場合は、お別れをした後すぐ火葬をする場合が多いのですが、家族葬というのは、通夜と告別式を行い、本葬は行わないのです。
家族葬という言葉は、家族を中心に、故人との別れを最大限に大事にする葬儀をという、葬儀社からの遺族への篤い思いがこの言葉を生み出したと言えるでしょう。近年では、家族や家族同様に交流があった人々を中心にした葬儀の形を希望される方々が増え、その様式や宗教形態に全くこだわらない、こじんまりとした葬儀の名称として使われるようになりました。

仮通夜(かりつや)

仮通夜(かりつや)とは、参列者などの日取りの関係などで、通夜が日延べする場合に亡くなられた当日のよるなどに、遺族や親族、身近な方だけで行なう通夜を「仮通夜」といいます。これとは別に一般の参列者を迎えて行う通夜を「本通夜」といいます。一般的には、当日の「仮通夜」翌日の「本通夜」2日後の「葬儀・告別式」と行われています。

通夜の起源は、遺族の方が一晩中故人のそばで、邪霊が近づかないように守り故人との別れを惜しんだことがはじまりのようです。今でもロウソクに火を灯し、線香を絶やさないようにし、親族が交代で一晩中ご遺体の側で見守る風習があります。

葬儀・告別式に参列できない場合は、香典を本通夜もしくは仮通夜の時に渡すことがありますが、一般的には仮通夜で香典を渡すことはありません。もし、何かしら持参する場合は、本通夜での弔問客にお出しする茶菓子などを持って行くとよいでしょう。

供花・供物(きょうか・くもつ)

故人に供える生花、花環、果物などのことです。そのほか、自由に、故人とのかかわりの強いものから、お棺のそばに並べていくようにしましょう。

供物(くもつ)

供物(くもつ)とは、信仰の対象となる仏前にお供えする物をいい、宗派によって変わりますが、仏教では基本的に「香・花・水・灯明・飲食」をお供え物の対象になります。「香」=お線香やお香、「花」=生花(造花はお供えしません)、「水・飲食」=飲食(おんじき)といい菓子、果物などの食べ物をお供えします。(生ものは控えます)、「灯明」=ロウソクに火を灯すことを言います。また、仏様にお供えするご飯の事を「仏飯(ぶっぱん)」といい、仏飯器と呼ばれる器に盛りつけられます。「仏飯」はとくに大切な物と考えられ、ご飯を炊くと一番最初に仏前にお供えします。

公営墓地(こうえいぼち)

公営墓地(こうえいぼち)とは、地方自治体などの公共団体が運営・管理する規模が大きい墓地の事をいい、全国で500件以上あると言われています。

公営墓地のメリットとして、「移住地に近い。交通の便が良い」「使用料や管理料が割安」「経営・管理が確実で安心」「宗教・宗派を問わない」などがあり、また、デメリットとしては「墓石に対して制限されている場合がある」「全国的に募集されているところが少なく、申し込みに資格や制限がある。(住民である、生前予約ができないなど)」「 人気があり、抽選倍率が高い」などがあげられます。

また、「公営墓地」のほかにも「公営納骨堂」というものがあり、最近では墓地不足となり納骨堂の需要が年々高まってきています。墓地と異なる点は土中に遺骨を埋葬するのではなく、遺骨を納めるお堂がありロッカーのような形をして、その中に遺骨などを納めます。

「公営墓地」はそれぞれ運営している自治体によって資格や条件等が多少異なります。詳しい内容等は直接、役所か墓地管理事務所にお問い合わせください。

告別式(こくべつしき)

告別式(こくべつしき)とは、故人とゆかりのある友人や知人が最後のお別れをする儀式の事を言います。最近では、葬儀・告別式と同じ意味合いで使われる事が多いようですが、まったく違う儀式になります。葬儀は、ご遺族や親族、故人と関わりの深い方が亡くなった人の冥福を祈る儀式です。本来なら会葬者全員で葬儀の後、遺骨を墓地に埋葬する際、執り行われるものでしたが、現代では、会葬者全員が火葬場に行く事がなくなったため、葬儀と同時に行われることが多くなりました。 同時に行われるようになったといっても、葬儀と告別式はまったく違った意味を持つ儀式のため、葬儀が終わると僧侶は一度退場し、あらためて入場し告別式を行うのが正式な形です。

御仏前、御霊前(ごぶつぜん、ごれいぜん)

御仏前、御霊前(ごぶつぜん、ごれいぜん)とは、不祝儀袋の表書きのことで、宗派や地域によっても異なりますが、一般的に故人が亡くなられた日から四十九日以降を「御仏前」と書き、四十九日までを「御霊前」と書きます。

通夜、葬儀や告別式または、七日ごとの法要などで位牌の前にお供えする品には「御霊前」とし、忌明けや一周忌などは「御仏前」とされます。必ず薄墨を用いて書きましょう。

仏の教えでは、死者は忌明け(四十九日)までの間に新しく生まれ変わるための準備をすると言われ、その間、死者は現世と来世の間で「霊」という存在になるため「御霊前」と言われます。その後忌明け(四十九日)と同時に新しい生へと生まれ変わり、仏様「御仏前」になるとされています。

さ行

斎場(さいじょう)

最近はご自宅ではなく、葬儀・告別式を専用の式場で行うことが多くなりました。自治体が管理し、経済的に利用できる公的斎場が各地に作られ、利用されておりますが、事前の見積もりは確認を怠らないようにしましょう。

三方(さんぽう)

神仏に物を供えるときに用いる台のことです。ひのきの白木で作られていて、前・左・右の三方に刳形(ひながた)の穴を開けた脚が付いています。

散骨(さんこつ)

焼けた遺骨を粉にして海や山にまくもので、自然葬のひとつです。平成3年に法務省が出した見解によると、「節度をもって行われる限り問題ない」とのことで、希望者も出始めております。

死に水(しにみず)

命失せる瞬間、あるいは、死の直後に故人の口に最期の水を含ませます。これを死に水を取るといいます。脱脂綿あるいはガーゼを割り箸の先に固定させたものや新しい筆先に水をふくませて、口を潤すしきたりです。末期の水とも言われます。

出棺(しゅっかん)

告別式が終了し、遺体の入った棺を霊柩車に乗せて焼き場へ出発するまでのことを指します。故人の足の方から運び出し、その後ろには喪主が位牌を持ち、親族代表が遺影を持って続く形をとります。

数珠(じゅず)

球の数は108個が基本ですが、これは人間の百八の煩悩を表すためです。心を清め、静かにすり合わせるもので、仏式の儀式には欠かせない仏具です。

初七日(しょなのか)

故人が亡くなった日から7日目にあたる日のことで、その日の法要をも指しています。一般的には、初七日と還骨回向(かんこつえこう)を合わせて営まれます。

施主(せしゅ)と世話役(せわやく

“施主とは葬儀や法事などの当主のことで、その会を取りしきっている責任者です。世話役は施主の指示に従って、葬儀のときの雑事を担当します。世話役代表から、会計係、調達係、返礼品係、受付係、携帯品係、会葬者の案内役、僧侶や会葬者の接待係、台所係など、さまざまなお世話係がおります。昨今では葬儀社が代行することも多くなりました。

曹洞宗(そうとうしゅう)

本尊 は、釈迦牟尼如来宗祖で、 道元と瑩山が開山者です。本山は永平寺(福井県)、総持寺(神奈川県横浜市)などで、禅宗の一派です。授戒と引導が葬儀の際の中心となります。

た行

ドライアイス(どらいあいす)

「ドライアイス」は、ご遺体の腐敗を防ぎ・綺麗な状態を保つ目的で使われる、固体の二酸化炭素です。

ご遺体と一緒にしたまま火葬しても有害ガスが出ないことから、根強い需要があります。

中陰(ちゅういん)

仏教では、命失せたあと、次の生を得るまでの四十九日間を中陰とし、四十九日を満中陰、または中有(ちゅうゆう)と言います。

友引(ともびき)

中国の歴に基づく六曜のひとつです。本来は「勝負がつかない」という意味ですが、日本では「友を引く」と考えられ、この日の葬儀は行わないのが普通です。

天台宗(てんだいしゅう)

本尊は釈迦牟尼如来で、宗祖は、最澄です。本山は延暦寺で、滋賀県比叡山にあります。葬儀の特徴は、授戒と引導を中心に仏の供養をし、次に念仏によって故人の冥福を祈ります。

弔辞(ちょうじ)

故人への最後の別れの言葉です。このときは、故人の思い出や人柄を語り、お悔やみを伝え、故人への冥福を祈る言葉で終わります。

弔電(ちょうでん)

葬儀などにどうしても参列できないとき、弔意を表す電報のことです。NTTでは、局番なしの「115」で。また、インターネットでは24時間受付してくれます。

灯明(とうみょう)

神仏に供える火のことを言いますが、浄火なのでこの火を消すときは息を吹きかけるのではなく、手や扇を用いて消しましょう。

荼毘(だび)

火葬することを、「荼毘(だび)にふす」と言います

通夜振る舞い(つやぶるまい)

通夜の後、弔問客には酒と食事を振る舞い、遺族からの感謝を伝える宴席が催されます。地方によって形はさまざまで、茶菓子だけだったり、食事券を手渡す場合もあります。

通夜(つや)

遺族、親族、知人が夜を徹して死者の霊を慰めるものです。近年は通夜にも一般の弔問客が参拝に見えるようになりました。その場合は、夕方より1,2時間の時間を区切って「半通夜」とします。通夜も僧侶の読経で始まりますが、その間に参列者は焼香をします。参列者全員の焼香が終われば、半通夜は終了となります。

な行

寝棺(ねかん)

故人をお棺に入れることですが、寝かせた状態を保つようにします。江戸時代には誰でもが、寝棺を受けることができず、高貴な身分の者だけでした。一般人は、桶型の座管を使用したということです。

年忌法要(ねんきほうよう)

故人を偲ぶ法要は追善供養として没後1年目よりとりおこなわれます。没後満一年目は一周忌、翌年を三回忌とし、その後死亡年を含めて数えて七年目に七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌までが営まれます。それ以降は、五十回忌、百回忌となり、その後は五十年目ごとに法要が営まれます。

年賀欠礼(ねんがけつれい)

一般的には、2親等以内の親族として、配偶者、父母、子ども、兄弟姉妹、義父母などが亡くなった場合、一周忌までが喪中になります。そこで、12月のはじめに年賀欠礼の挨拶状として、喪中はがきを送ります。挨拶状には、誰の喪に服しているかを明記し、先方が年賀状を出す前に届くようにしましょう。また、年末に葬儀が行われて、年賀欠礼が間に合わない場合には、松の内(一般的には1月7日)が過ぎたら、寒中見舞いで年賀欠礼を詫び、喪中のお知らせをしてください。

新盆(にいぼん)

新盆は「しんぼん」「にいぼん」「あらぼん」どれも言います。また初盆(はつぼん)とも言います。
葬儀を執り行った後、最初に迎える盂蘭盆(うらぼん)=盆のこと。 親族をはじめ、知人、友人を招いて、供養をします。

日蓮宗(にちれんしゅう)

本尊 は釈迦牟尼如来で、宗祖は日蓮です。久遠寺が本山で山梨県身延山にあります。「何妙法蓮華経」の題目を唱えることと、故人の即身成仏を願います。

直会(なおらい)

直会とは、葬儀でお世話になった神職、世話役などの労をねぎらうため、宴を開いてもてなすことである。これによって葬儀に関する儀式はすべて終え、これより後は、御霊祭(みたままつり)として行なっていく。

は行

拝礼

神道における拝礼の方。
二礼・二柏手・一礼の順で行う。柏手を打つ時は音を立てないようする。

箸渡し

収骨の仕方の習慣。
三途の川を橋渡しすることを「橋」と「箸」が同音であることから行われる。

彼岸

春分、秋分の日の前後3日ずつの7日間のこと。

ま行

枕飾り

遺体の枕元に飾る小さな祭壇。
仏式では小机に、三具足・花・香・灯明・枕団子・枕飯・水などを供える。
神道で台に三方を置き、水・塩・洗米・御神酒・常饌を供える。

末期の水

臨終時、あるいは亡くなったばかりの人の口に
人生最後の水をふくませること。

喪主

故人の供養を中心となって行う人。

や行

遺言

故人の意志を法律的に守り、またそれを実行するために、
生前に一定の方式に従って行う意志表示。

湯灌

仏葬で、棺に納める前に遺体を湯で拭き清めること。

夜伽

通夜などで夜通し付き添うこと。

ら行

臨終

「命の終わる時に臨む」という意味で、
死に際・末期(まつご)・死の前後の短い期間を指す。

六灯

言われは六道から。
祭壇上左右に各3つの灯りが供えられること。

六文銭

三途の川を渡る船賃として死者に持たせるお金。
現在では、紙に印刷したものを代わりに持たせる。

わ行

別れ花

出棺前、参列者の手で、生花を遺体の周囲に入れること。
お供えの供花などを納めるのが一般的。